韓国→日本【格安】で荷物を送る方法

お役立ち情報

こんにちは!しーこです。
先月、韓国留学を終えて日本に帰国しました。帰国のために韓国から日本へ出来るだけ安く荷物を送りたくて郵便局の【船便】を利用しました!韓国でも船便が利用できて送料格安なんです!!
利用方法を紹介したいと思います☆

スポンサーリンク

韓国から荷物を送る方法

一般的に海外発送で多く利用しているのが郵便局。
海外への配送方法はEMS国際小包(航空or船便)があります。
送料は高いけど最速で届くのがEMS送料は抑えられるけど、お届け日数がかかるのが国際小包
船便は大体1ヶ月前後のお届け。

国際小包(船便)はなんと1kgまでは9,900ウォン!10kgで34,000ウォンとかなり安い!!
EMS(非書類)の場合は1kgまで25,500ウォン、10kgで60,000ウォンです。

船便はコストをかなり抑えることができますよね☆ 国際小包のデメリットは以下です。

韓国のEMSは集荷配達可能。国際小包は集荷できないので、直接郵便局へ行く必要あり。

国際小包になると集荷ができないんです。。
留学帰国の場合、荷物がどうしても重くなってしまうので、郵便局に直接持って行くのが困難。
タクシーや友人の車で運んでもらうのが、良いと思います。

私は友人家族に荷物を車で運んでもらいました!

料金表とダンボール

船便の料金表は以下です。日本は1地域枠になります。(若干異なる場合があります)
国際小包(航空一般小包)の料金も比較したい方は”항공일반소포”にチェックしてみてください!

段ボールは郵便局やホームセンターなどで購入、スーパーでもらってくる等あります。
下の画像は郵便局の段ボールです。頑丈なのでおすすめです^^

国際小包の段ボールサイズは最大長+周りの長さが200cm以内でなければならないので、5호サイズまで可能です。重さは最大30kgまで可能。

予約確認書の作り方

予めネットで受付予約をしておくと楽なので、その手順を紹介します^^
まずは 인터넷우제국 のホームページにアクセスします。

EMS・국제우편 예약->국제우편스마트접수をクリック(EMS国際郵便予約、国際郵便スマート受付)

ログイン画面になるので右下のグレー枠”비회원 시청하기”非会員で申請するをクリック

次の画面で配送方法の選択をします。“국제소포”を選択。
選択後に同意画面に切り替わるので右の”전체동의”3ヶ所にチェック。

上画像の水色枠を見ると、”国際小包は郵便局に直接訪問しなければなりません。”と記載されています^^;

住所と内容品を入力する

それでは、住所と内容品を入力していきます。
左は送る人の情報(韓国の住所)、右は受取る人(日本の住所)を入力していきます。
画像の緑枠で郵便番号を入力すると簡単に検索できます。

次に税関申告書の入力です。配送方法は선편(船便)にチェック。物品区分は(Gift)で良いかと思います。
内容品は必ず英語で記載すること。
상품(HSCODE)검색で内容品を検索。(例えばTshirtと入力するとコードがヒットします)
該当しないものはOtherコードにして内容品に詳細を記載。

全部入力したら下の赤枠세관신고서 내역추をクリックして次の内容品を入力していく。

税関申告書は最大4項目までしか入力できません。工夫して入力するか、入力できない分は郵便局の受付で申告すれば大丈夫です。

いろんな物詰め込んでるのに4項目なんて足りない(笑)
私の場合、内容品名に洋服だったらClothes(Tshirts,Bottom,Jacket)と大区分&中区分な感じでまとめて記載しました。どうしても入り切らない!ってなったら受付で申告しましょう。

※郵便局の受付で「ここ以外に記載されてない物ありますか?」と聞かれる事があるので、携帯か紙に品名(英語)と個数をメモしたのを渡せば、受付の人が入力してくれます!!

最後に返送方法についてチェックします。(返送しない・航空返送・船返送)
国際小包の場合、配達が不可能な場合に対して、返送取り扱いに対する選択が必須です。
航空券、船で返送すると追加料金が課されます。

보험취급は保険をかける場合のみ入力します。(保険取扱手数料:保険価額最初114,300ウォンまで:2,800ウォン)
保険をかけない場合は入力せずに다음へ進む。

最後にカード情報を入力。決済は郵便局の受付でやります。(海外カード可能)
入力後に신청をクリック。

最後に受付確認書が発行されるので、データ保存またはスクリーンショットしておきます。
郵便局受付でバーコードを提示します。

郵便局に持って行く

郵便局に行ったら計りに段ボールをのせて、受付の人に受付確認書のバーコードを提示します。
受付の人がインボイスを印刷してくれるので、住所の確認と送料の支払いをして完了です!!

私は11kg以上(20,300ウォン)、13kg以上(38,500ウォン)で60,000ウォン以下でおさまりました!!!!
なんて安いんだ!!! 荷物は約3週間ほどで到着しました。

帰国だったら荷物が遅く届いても問題ないので、コストが抑えられる船便がおすすめです!
郵便局まで持って行く手間はありますが^^;


Qxpressも韓国から日本へ発送可能です。こちらは航空便のみですが、船便が発売予定らしいので、船便の利用が開始されたら安く発送できそうです!

タイトルとURLをコピーしました